最終更新日2017/10/30
東海村の学校図書館指導員のページへようこそ!

2017年11月号
「秋も本番」
 青かった木々は夕焼け空のように赤く染まり,外に出てふと視線を地面に向ければ,そこにもまた綺麗に紅葉した葉が敷き詰められています。紅葉【コウヨウ】は【モミジ】とも読みますが、一言にモミジと言っても似ているものからよく見れば違うものまで、何種類もあるのです。散歩で見つけた葉っぱを学校の図書室や図書館を利用し,調べてみませんか? ノートに拾った葉を貼り付けても素敵ですね。
 

 本を探せますか?


 みなさんは東海村立図書館を利用したことはありますか?学校の図書室の何十倍ものたくさんの本が揃っています。楽しい絵本や小説,生き物の図鑑や料理の本,難しいビジネス書や外国語の本。たくさんの本があるけれど,その中から自分が読みたい本を探すにはどうすればいいのでしょう。
 本はでたらめに並んでいるわけではありません。みなさんも集会で並ぶ時には背の順だったり,出席番号順だったりしますよね。本も内容によって番号がついていて,その順に並んでいます。その番号はどこについているか思い出せますか?そう,背表紙の下に番号を書いたシールが貼ってありますね。
例えば,「猫の飼い方」の本は“645”の番号が付いています。本は番号順に並んでいるので“645”の本がある棚に行けばいいのです。ん…?と思いましたか?そう,そもそも自分が読みたい本の番号が分からないという問題が出てきますね。そこで使うのが本の検索機です。読みたい本の内容やキーワードを入れるだけで本を探し,番号を教えてくれます。使い方が分からない時は図書館の人に聞いてみましょう。

どんなに大きな図書館に行っても本の並び方はほとんど同じです。学校の図書室で本の並び方を覚えるとどこへ行ってもその知識は使えますので,図書室で本の並びを観察してみてください。




『秀麗な折り紙』

 山口 真/著 ナツメ社(2017年7月発行)
(※上の画像は本のイメージです)

 今までに折り紙をした事がある人は多いかもしれません。紙を折って形を作り上げる折り紙は日々進化しています。可愛いシマリスからティラノサウルスの全身骨格まで折り紙で表現されている本です。それは一枚の紙から折るものもあれば,複数枚の紙を使う折り紙まで様々ですが,その完成度に驚くこと間違いなし。作品は折り図の通りに折れば完成するというのですから挑戦せずにはいられません。少し難しいかもしれませんが,頭を使う芸術の秋にしてみませんか?

※ 掲載されている勝田恭平さん創作「シマリス」に挑戦してみました。とても可愛いです!(上写真)

(東海村立東海南中学校 学校図書館指導員)

  


東海南中学校の図書室





 南中の図書室は,夏休み中に改装工事を行いました。壁や床,窓枠やドアが綺麗になり明るさが増したような気がします。大きな図書室ではないですが,みんなで大切に使っていきたいですね。図書室リニューアルと合わせて,図書委員会の生徒によるおすすめ本の紹介を本と一緒に展示しています。


L>