最終更新日2018/3/29
東海村の学校図書館指導員のページへようこそ!



2018年4月号
「出会い」
 3月は、優しかった卒業生、お世話になった先生方とのお別れがあり、淋しい気持ちになりました。日を重ねるごとに暖かくなり、春の訪れです。春は出会いの季節。先生、友達、新しい出会いが待っています。

 新しいクラスは、誰しも緊張しますね。仲の良かった友達と、今までよりも楽しく過ごせるかもしれない!チャンス!と考えて、ワクワクした気持ちに変えてみましょう!いろいろなことにチャレンジして、楽しい1年にしていきましょう!


 

 図書室に行ってみよう!


 小学校、中学校の新一年生のみなさん、ご入学おめでとうございます。

 学校の図書室の場所は、もうわかりましたか?新しい図書室には、まだ読んだことがなかった本、出会っていなかった本がたくさんあります。新しい生活に慣れてきたら、ぜひ図書室に来て下さいね。
 今年度も、図書室のルールとマナーをしっかり守って、有意義な時間を過ごしていきましょう。
 
 心に残るすてきな本に、たくさん出会えますように…。


      


『ともだち』

 谷川俊太郎 文
和田誠 絵
(※上の画像は本のイメージです)

 「ともだち」ってどんな人かな?気の合う人?ダメなことをダメと言ってくれる人?一緒にいて楽しい人?
 作者は、詩人の谷川俊太郎さんです。みなさん一度は谷川さんの紙にふれたことがあるでしょう。この本は「ともだちって」「ともだちなら」「ひとりでは」など7つのテーマについて書かれています。「ともだちって いっしょにかえりたくなるひと」「ともだちって そばにいないときにも いま どうしてるかなって おもいだすひと」などのように、ページをめくるごとに一文書いてあり、それに対して、自分なら「そう思う」「いや、そうかな?」と思わせてくれます。そして、読み終わった後は、なんだかともだちに会いたくなります。温かな気持ちになります。あなたが考える「ともだちって」どんな人?
(東海村立中丸小学校 学校図書館指導員)

  


中丸小学校の図書室

「おすすめの本の木・春夏秋冬」 『春』


「みんなにすすめたい一冊の本」コーナー
 図書委員が、「みんなにすすめたい一冊の本」のリストの中から、自分もおすすめする本を選んで、POPを作りました。個性豊かな楽しいPOPに、引きつけられて借りて読んでいる児童が多いです。