最終更新日2017/9/30
東海村の学校図書館指導員のページへようこそ!

2017年10月号
「秋も本番」
 10月になるといよいよ秋も本番という雰囲気になってきますね。スポーツや行楽,芸術や読書など何をするにも適した気候で充実した時間を過ごせるのではないでしょうか。
 10月というと,多くの人が思い浮かべるのは「体育の日」。「スポーツに親しみ,健康な心身を養う日」とされています。秋の澄んだ青空の下,良い汗かいて健康な体を養っていきたいものです。そして,心を養う一冊の本もお忘れなく。
 

 読書週間


 終戦まもない1947年(昭和22)年、まだ戦火の傷痕が至るところに残っているなかで「読書の力によって、平和な文化国家を作ろう」という決意のもと、出版社・取次会社・書店と公共図書館、そして新聞・放送のマスコミ機関も加わって、11月17日から、第1回『読書週間』が開催されました。 そのときの反響はすばらしく、翌年の第2回からは期間も10月27日〜11月9日(文化の日を中心にした2週間)と定められ、この運動は全国に拡がっていきました。
(公益社団法人読書推進運動協議会HP 「読書週間の歴史」より)
  
 読書週間がすっかり定着し,10月・11月は読書に関するイベントもいろいろと行われるようになりました。東海村の小中学校・村立図書館でも,この週間に楽しいイベントが用意されていますから,皆さんふるって参加してください。
 日本はいつでも好きな本を好きなだけ読むことができる恵まれた国です。読書する喜びや読書できる幸せを,この期間にたくさん味わってみましょう。




『あくたれラルフのハロウィン』

 作 ジャック・ガントス  
絵 ニコール・ルーベル 
訳 こみや ゆう
(※上の画像は本のイメージです)

 セイラのねこのあくたれラルフはいつもとんでもないいたずらをしでかしますが,セイラにとても愛されています。
 ある日,セイラの家にハロウィンパーティーの招待状が届き「あなたが いちばん すきなものに へんそう してきてね」と書いてあります。
 セイラはラルフに,ラルフはセイラに変装してパーティに出かけることになりましたが,あくたれラルフのすることといったら…セイラ,大丈夫!?
 おばけカボチャにロウソク,魔女,風船,コウモリ。ハロウィンアイテムがたっぷり登場し,ハロウィンの気分が盛り上がります。

 村松小学校図書館指導員

  


村松小学校の図書室




 村松小学校の図書室の隣は理科室です。
「はじまりは理科室 ゴールは図書室」というキャッチフレーズが貼ってあります。

 理科室で学習した事柄をもっと深く・もっと広く調べてみたり,不思議に思ったことを解明したりする手助けに,図書室の本を利用してほしいという思いが込められています。

 図書室の枠を外し,科学関連の本・読み物・図鑑は理科室前の廊下に配置して子どもたちに使いやすくしました。理科の授業の前後に,科学の読み物などを手に取って読む子が増えました。


L>